展示会を無駄に終わらせないために

展示会と言いましてもさまざまな種類があります。簡単に思い浮かぶものでもまず主催者がオーガナイズ主体で出展者を募り会場の設定や管理をする合同展示会、企業や個人が自社ブランドなどの製品を設定から全て管理の上開催する展示会、前者はビッグサイトなど大きなスペースにてブースを区分けして行い後者は自社やレンタルスペースなどで行うことが一般的のようです。少し趣向が違いますが展示即売会などと銘打って商品を販売するイベントなども一応は展示会の一種と言っていいのでしょうか。時代によっては合同展はいかがなものかと論議されたりするのですが、そもそも合同展に出展する側の第一の目的は営業、販促面での強化です。単純に営業担当がすこぶる優秀で展示会を無理に行わなくても成果が見込める企業などは特に必要性はないのですが、内容は自信を持っていても営業が伴わないことが悩みの企業やブランドにとって合同展に参加することには大きな意味があります。

仕入れ担当のバイヤーなどから興味を示してくれるので、商談をスタートする際にお互い対等に話ができるということ。これは仮に取引が始まる場合に、条件をある程度主導権を持ったうえで進めることが可能です。飛び込み営業などでは価格面などでどうしても下手に出ないと話がしづらいことが多いのですが、まずそれが解消されることがメリットです。大きな集客がある展示会なら尚更ですが、調べてもなかなか出向くことができない地方店などと知り合うきっかけになるため、この機会は見逃せません。また同業者からの情報なども多く収集できるので、真剣に取り組む姿勢があれば得られるものは多大です。最初の方で述べた後者の場合、まず集客面で相当な努力を必要とします。後者はある程度顧客を持っていないと数字が作れない実情があり、合同展と抱き合わせで開催するのが望ましいと考えます。合同展は知らない取引先を発掘するきっかけに、その後継続して取引が発生するようならば個展に招待して心行くまで見て頂く。これが理想であることは間違いないと思うのです。まず取引を始めたい。しかしながらそれが最も難しい壁であり一歩目のステップです。それを実践また可能にするために出展する側も知恵を絞って対策を練らなければいけません。

なんでも考えてみることです。何百、何千のブースからバイヤーに見つけてもらうために日々研究する必要があります。短期間で全て見て廻るバイヤーもさすがに疲れます。その中でキラッと光る商品構成、見せ方など普段から注意を払って取り組むこと。逆に言うならそれが展示会の最大の楽しみでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*