会社案内の制作は将来の希望を盛り込んで

会社案内は色々な人へ届ける内容を盛り込みたくなる冊子の一つです。雑誌のように読者層が決まっていればその趣向にあった内容や見せ方を研究し、アウトプットしていけばよいのですが、銀行、株主、取引先、就職活動中の学生、従業員など様々なステークホルダーが、目を通す可能性のある冊子の制作は一筋縄ではいきません。制作のコツとして、まずはターゲットを絞っていくつかの案を作ってしまうことです。見る人によって知りたい情報は違います。コンセプトを徹底的に明らかにすることで多くの人ではないかもしれませんが、狙った人たちの心に突き刺さる切れ味するどい会社案内ができあがります。株主に働きやすさや働き甲斐をアピールしてもあまり効果はありません。今後の事業目標や事業拡大の戦略を明らかにすることが必要です。このように未来を語るにあたっても、切り口は読者によって異なります。

会社案内の制作で会社の良さを伝えることを意識する

会社案内はとても重要なパンフレットとなります。会社のことを良く知らない人が見れば、その印象を持つことになります。制作には会社の良さを伝えることを意識します。見る人に何を伝えたいのか、何をアピールしたいのか明確にします。そして、業者とコミュニケーションをしっかりととります。会社案内を見てもらうことを考えた時に、ターゲットをどのような人に設定するかによっても内容が変ってきます。一般の人を対象としているのか、他の企業を対象としているのか考えます。目的をしっかりと考え、それに向かってどのように編成すれば効果があるのか考えます。パンフレットの効果によって売り上げにも影響があります。仕事の受注を上げるなど、場合によってはとても良い効果を生むこともあります。その為、多少お金がかかってもしっかりと目的のものを作りたいです。

会社案内の制作過程と種類の変化

会社案内と言えば、自社の強みや活動内容を端的に記した重要な販促物と言えます。人が興味を持った時に、どんな会社なのか人目で分かるようにしなければなりません。興味を持ってくれるであろう人も様々です。お客として興味を持ってくれる人もいるでしょうし、求人情報に興味を持ってくれる人もいるかもしれません。そんな会社案内は、パンフレット形式であることが一般的でした。しかし、最近では、ウェブサイトによって会社案内としている会社も珍しくありません。これは、インターネットの普及によって、ウェブサイトから訪問してくれる人が増えたためです。パンフレットを制作する場合には、デザインをするだけではなく、印刷・製本をする手間とコストがかかります。しかし、ウェブサイトの場合には、そのような過程がない上に、修正も簡単に行うことが出来るので便利です。時代の流れによって変化していると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*